ごあいさつ


長島慶子

「想い」

はじめまして、長島慶子です。北九州市で生まれ育った、地元をこよなく愛する祭りっ子(もう子どもでもないですが・・・)。

若きあの頃、大きな夢を持ち上京してたくさんの方との出会いによってたくさんの貴重な経験を頂きながら、今に至っております。嬉しい事も楽しい事も、悲しい事も苦しい事も、全ての経験が今の私。まだまだ道のりは長いです。

マクロビオティックに出逢ったのは21歳のころ。私にとって大きなキッカケがありました。今思うと、大きなキッカケ。その頃はただ自分の直感に任せただけで自然と私の足は、新宿伊勢丹「チャヤ」さんへ。私のマクロビオティックライフはそこから始まりました。

できることから、少しずつマクロビオティックを日常に取り入れ始めました。

少しずつ私の中で何かが変わっていきました。素敵な方との出会い、感動、感謝。日々生まれでいくイノチへの尊さや母なる自然への感謝の気持ち。それまでは頭ではわかっていたものの、体でココロで感じられるように・・・

日々変化していく自分をきっかけに、私はマクロビオティックを伝えていきたい!と思うようになりました。

世間知らずの21歳の私に何ができるのか・・・悩み考えたぬいた結果、やはりまずは、「玄米の炊き方」「食の大切さ」「ココロとカラダのつながり」を私なりの表現でお伝えしていくこと、ここにしかたどりつきませんでした。

一人から二人、三人と、今ではたくさんの生徒さん方と出会い楽しい時間をシェアすることができて幸せです。
生徒さん以外でも様々なジャンルでご活躍されている方々との出会いにも感謝の毎日です。地元のクッキングスクール「アンジェリカ」を始めてから出逢ってきた皆様にも様々な事を学ばせて頂いているような気がしてなりません。

私達人間が生命活動をする上で本当に必要なものは・・・イノチとは?人間の本来の姿とは?和のココロとは?食をはじめ様々な文化、日本独自の繊細さなど、忘れられかけている物や失っている物が多いような気がします。

「食す」ことは「生きる」ということです。

エネルギーに溢れた食材達は、私達に限りないパワーを与えてくれています。私達は自然を頼りに生きています。

ここに感謝しながら、動き愉しむことでより元気な社会へとつながっていくものだと私は信じています。

これからの社会を担う子供達が夢をもち続け、愛を力に精一杯に個性を発揮できるような丈夫な土壌作りにお役に立っていきたいと思います。そして、子育て中のお母さんやこれからお母さんになる同世代の方達と共にマクロビオティックを楽しんでいきたいと思っています。

私がこのマクロビオティックに出会うキッカケとなった、親友に感謝します。

心一つに。

夢をもって。

変化していきたい・・・その瞬間が、新たなスタート。

YOU are what you eat !!!!!!

 

長島慶子